マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数3565ファイル
  • 掲載企業数 1000
  • 今週の公開資料数28ファイル

マーケティング TOP > SEM・SEO > SEO対策 > Looker StudioでGoogleコアアップデートの影響を調べる方法

Looker StudioでGoogleコアアップデートの影響を調べる方法

企業名:株式会社プリンシプル

1. レポートの作成によってできること 
              
2. レポートの作成手順                 
  手順1.GoogleコアアップデートのデータソースをGoogleスプレッドシートで作成する
   手順2.Looker Studioにデータソースを読み込む          
   手順3.データの結合を行う
  手順4. グラフを作成し、グラフの種類などを調整する        

3. レポートの応用方法
  ほかの指標でみる
   施策管理表とSearch Consoleデータを結合させて施策の効果を見る
   GA4を接続してサイト全体への影響を見る
4. 最後に
    
5. サービス紹介

6. セミナー・お役立ち資料のご案内   

資料詳細説明

皆さんはGoogleコアアップデートがあった際、どのようにサイトへの影響をチェックしていますか?

Google Search Console上でコアアップデートがあった日の前後を見て判断している方が多いかと思いますが、同じグラフ内で見られたら便利ですし、時間の短縮にもなります。

そこで本記事では、Looker Studio(旧:Googleデータポータル)を利用して、Googleコアアップデートの日付とGoogle Search Consoleを同一グラフ上に掲載し、Googleコアアップデートの影響を見やすくする方法を紹介します。

対象業種

全業種

対象企業規模

中堅・大企業

この資料は掲載終了いたしました。

【株式会社プリンシプルのその他の資料】

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードできるほか様々な特別な機能をご利用いただけます。

最新のマーケティング資料を
メールで配信中!

マーケメールとは?

※gmail、hotmail、携帯メールアドレスなど、法人メールアドレス以外のアドレスはご使用出来ませんのでご了承下さい。

資料別ダウンロードランキング

マーケティングFacebook

Looker StudioでGoogleコアアップデートの影響を調べる方法|資料・事例【マーケメディア】注目の広告媒体資料・マーケティング資料・事例集・新規顧客獲得ソリューション、各種ダイレクトマーケティング・販促の企画書などが一括無料ダウンロードできるWEBサイトです。情報収集や企画・提案業務にお役立て下さい。ターゲットメディア運営。