マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数4132ファイル
  • 掲載企業数 1141
  • 今週の公開資料数12ファイル

マーケティング TOP > SEM・SEO > SEO対策 > サーチコンソールをSEOに活かすための3つのポイント

サーチコンソールをSEOに活かすための3つのポイント

企業名:株式会社ディーボ

サーチコンソールをSEOに活かすには、まずどんなキーワードで検索エンジンから流入してるか?確認することが大切です。
もう少し言うと、サーチコンソールの検索アナリティクス機能を活用して、表示回数やクリック数の多いキーワードが上位表示したいキーワードになってるかを確認します。
もし、そうなっていなければ、改めて上位表示したいキーワードに特化してリライトする必要があります。

こうして、Googleに認識されてるキーワードを確認して、流入キーワードとコンテンツ内容の整合性を高めながらユーザー満足度の高いページを作成することが、上位表示を目指すためのポイントとなります。

この点踏まえて、今回は、サーチコンソールをSEOに活かすための3つのポイントについて中心に、初心者にもわかりやすく資料にまとめましたので、ぜひご覧ください。

資料詳細説明

・ サーチコンソールをSEOに活かすための3つのポイント
  1. 狙った1キーワードを流入させる
  2. 不要なキーワードを除外する
  3. 競合上位の傾向を取り⼊れる
・ サーチコンソールをSEOに活かしても順位が上がらない
・ まとめ

対象業種

全業種 / 全業種

対象企業規模

企業規模問わず

この資料は掲載終了いたしました。

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードできるほか様々な特別な機能をご利用いただけます。

最新のマーケティング資料を
メールで配信中!

マーケメールとは?

※gmail、hotmail、携帯メールアドレスなど、法人メールアドレス以外のアドレスはご使用出来ませんのでご了承下さい。

厳選ホワイトペーパー

資料別ダウンロードランキング

最適なマーケティングパートナー・サービスを探す

マーケティングFacebook

サーチコンソールをSEOに活かすための3つのポイント|資料・事例【マーケメディア】注目の広告媒体資料・マーケティング資料・事例集・新規顧客獲得ソリューション、各種ダイレクトマーケティング・販促の企画書などが一括無料ダウンロードできるWEBサイトです。情報収集や企画・提案業務にお役立て下さい。ターゲットメディア運営。