マーケティングPartners | マーケティング会社・サービスの比較・お問合せ・資料請求

無料相談03-5312-6833

コンバージョン率アップ

Webサイトのコンバージョン率を高めるための施策とツール特集

Webサイトを運営する上で、サイトに訪れたユーザーがお問い合わせや資料請求、商品購入などのコンバージョンにどれくらい至っているかは、大切な指標となります。
そこでコンバージョン率を高めるための施策とツールををご紹介します。
Webサイトに集客できていても思うようなコンバージョンが発生していない、とお悩みの方ぜひご覧ください。

コンバージョン率アップ
を支援するマーケティングサービス一覧・資料請求

コンバージョン率アップを支援している注目のマーケティングサービス一覧です。コンバージョン率アップに使えるマーケティングサービス4点の特長比較や提供会社へのお問合せ、サービス詳細資料を無料で入手できます。

目次

  1. コンバージョン率を改善するために必要なこと

    1. 入力フォームの離脱率を下げる

    2. 流入するページを最適化する

    3. ユーザーのニーズに即したおもてなしを実践する

  2. コンバージョン率の改善のための施策

    1. EFO(エントリーフォーム最適化)

    2. LPO(ランディングページ最適化)

    3. Web接客

    4. レコメンド

    5. A/Bテスト

コンバージョン率を改善するために必要なこと

Webサイトを運営する上で大切な指標となるコンバージョン率。
コンバージョン率とは、サイトに訪れたユーザーの内、どれくらいコンバージョンポイント(お問合せや資料請求、会員登録、商品購入など)に辿り着いているかを表しています。
Webサイトはどれだけコンバージョンさせるかが重要です。そこでコンバージョン率を改善するために必要なポイントをご紹介します。

入力フォームの離脱率を下げる

サイトに訪れたユーザーは、お問い合わせフォームを経てコンバージョンページへと辿り着きます。お問い合わせフォームまで訪れたユーザーは温度感が高くニーズも明らかになっている事が多いため、フォームでの離脱は避けたいところです。
ユーザーがフォームで離脱する原因は「入力フォームが使いにくい」ことがほとんどです。入力フォームそのものや遷移しているページとの関連など、問題はさまざまですが、例えば、下記のような問題があります。
●入力項目が多すぎる(必要なもののみにする、必須・任意を表示する)
●違うページに飛んでしまう(リンクやクリアボタンは置かない)
●エラー表示が見にくい(スムーズに修正できるように指示する)

流入するページを最適化する

ユーザーは検索エンジンの検索結果や他のサイトのリンクをクリックして、サイトに訪れます。疑問や興味からクリックに至るため、クリック先のページがユーザーの期待にこたえる内容であることが重要です。
流入後のページ内容と、ユーザーとのニーズに差異が発生すると、離脱へと繋がってしまいます。

ユーザーのニーズに即したおもてなしを実践する

サイトは言わば「お店」と同じです。訪れたユーザーはお客様と考えると、サイト内でも接客しているかのようなおもてなしを行うことが離脱防止へと繋がります。
サイト内のコンテンツのつながりをわかりやすくしたり、訪れたユーザーと直接コンタクトをとったり、ユーザーに寄り添ったサイトにしていくことが重要です。

コンバージョン率の改善のための施策

サイトのコンバージョン率を改善するための施策をいくつかご紹介します!

EFO(エントリーフォーム最適化)

EFOとはEntry Form Optimizationの略で、入力フォームを最適化することです。
コンバージョンするポイントとなる入力フォームは、ユーザーが実際に入力する場面です。ここまで来たユーザーは温度感は高いのですが、入力フォームの使い勝手が悪いと入力を諦めてしまいます。みなさんも、ネットで買い物をするときなど、心当たりはありませんか?
入力フォームでのユーザーの離脱を防ぐためにフォームの離脱ポイントをみつけ改善していくことが重要です。

LPO(ランディングページ最適化)

LPOとはLanding Page Optimizationの略でランディングページを最適化することです。サイトに訪れたユーザーが、お問い合わせや資料請求、商品購入といった行動を起こしやすくするために、ランディングページの内容や流れを組み立てる必要があります。
ランディングページとは、広義では「検索や広告を通してユーザーが最初に訪れたページ」のことを、狭義では「お問い合わせなどのコンバージョン獲得を目的にしているページ」のことをあらわしています。
このランディングページの集客率を高めても、コンバージョン率が低ければ意味はありません。ユーザーのニーズを理解し、ふさわしいコンテンツを構成することが重要です。
LPOは集客の成果をコンバージョンに繋げるための施策です。

Web接客

Web接客とは、サイトに訪れたユーザーに対して、チャットやポップアップ形式でリアルタイムでの接客を行うことです。
サイトにある情報だけでは「疑問が解決せずに離脱してしまう」というケースを避けたり、来訪者はそのときに知りたいと思ったことをその場で質問できたりすることができるため、離脱を防止しCV率の改善に繋がります。
例えば、一定時間サイトに滞在している来訪者に対してクーポンを始めとしたお得な情報を配信して購入を促したりサービスページを閲覧している来訪者に対して事例資料があることを紹介して、資料請求につなげたりすることでCV率アップを図ることも可能です。

レコメンド

レコメンドとは、サイトに訪れたユーザーの行動履歴を元に、ユーザーの興味関心に沿ったコンテンツや商品をすすめることです。購入履歴やユーザー自身の好み、同じような傾向を持つ他のユーザーの関心対象などから、情報を組み立てます。
ユーザーに合わせてコンテンツや商品をおすすめすることで、さらなるコンバージョンやクロスセル・アップセルが見込むことができます。

A/Bテスト

A/Bテストとは、ページのクリエイティブパターンを2種類用意し、どちらのクリエイティブがよりコンバージョンにつながっているかを検証することです。
予算や工数が十分になくても実施できることが特長です。

コンバージョン率アップ
を支援するマーケティングサービス一覧・資料請求

コンバージョン率アップを支援している注目のマーケティングサービス一覧です。コンバージョン率アップに使えるマーケティングサービス4点の特長比較や提供会社へのお問合せ、サービス詳細資料を無料で入手できます。

お問合せ・資料請求ができます!

  • GORILLA EFO

    入力フォーム最適化ツール

    1996年よりSEMに取り組む全米No.1のブルースクレイ・ジャパンが提供する、業界最安値・17種類もの入力支援機能を持つフォーム最適化ツールです。

    (ブルースクレイ・ジャパン株式会社)

  • チャットプラス

    チャットサポートツール

    1500円/月で、有人対応も、チャットボット応対もできるチャットサポートツール。JavaScriptのタグをWebサイトへ配置するだけでWeb接客ツールとして利用可能。

    (チャットプラス株式会社)

  • アイジェント・レコメンダー

    最先端のレコメンドアルゴリズムを搭載した、
    リアルタイムAI(人工知能)マーケティング・プラットフォーム

    最先端テクノロジーを駆使したリアルタイム相関生成で、最高精度のレコメンドを実現。
    ユーザー1人ひとりに最適なレコメンドを行う事で、サイトの売上や価値を向上します。

    (シルバーエッグ・テクノロジー株式会社)

  • マンガファクトリー

    興味関心を惹きつける「マンガ」を活用したグラフィック制作サービス

    ページの滞在時間UP!離脱防止につながる“マンガ”を活用した強力なマーケティング手法

    (株式会社ファインズ)

コンバージョン率アップを支援するマーケティングサービス一覧

コンバージョン率アップサービス4件の比較表がご覧になれます。

各サービスの特長比較や提供会社へのお問合せ、サービス詳細資料を無料で入手できます。