マーケティングPartners | マーケティング会社・サービスの比較・お問合せ・資料請求

データフィード広告

イマ注目のデータフィード広告の特徴
&データフィード広告運用支援会社まとめ

いまやマスに対しての広告ではなく、ユーザーの属性や行動でセグメントをかけた広告の配信が要となっています。そこで注目を集めているのが、ユーザー一人ひとりに最適化された広告の提供が出来る「データフィード広告」です。
そもそも、データフィード広告とはどういった仕組みなのか、どのような特徴があるのか、解説しております。

データフィード広告
の比較表・資料請求

データフィード広告を支援する会社やサービス選定をご検討中の方は、比較一覧表をご覧ください。データフィード広告を支援する企業やサービス2点の特長比較や提供会社へのお問合せ、サービス詳細資料を無料で入手できます。

サービス比較表はこちら

掲載中のサービス2

目次

  1. データフィード広告とは

    1. データフィード広告の特徴

  2. データフィード広告の種類

  3. データフィード広告運用支援会社

    1. Criteo(クリテオ)

    2. Google商品リスト広告(PLA)

    3. コマースリンク

  4. データフィード広告の出稿を検討している際に読みたい資料

    1. 【11カ国に対応】スマートフォンネイティブアドネットワーク「Hike」のご紹介
      (株式会社フリークアウト)

    2. 【データフィード】ユーザー個人の趣味・嗜好に合わせた広告を配信したい方への資料
      (株式会社TAM)

    3. 国内最大級シェア!広告主の投資効果を最大化する先鋭的なDSPツール「BLADE」
      (株式会社マイクロアド)

    4. 【WEB担必見の活用術】Facebookとデータフィード広告で効果をあげる活用手順
      (株式会社キーワードマーケティング)

データフィード広告とは

データフィードとは、データを供給することを指しています。つまりデータフィード広告とは、企業が持つ商品のデータやサービスの情報を広告配信媒体へ送る仕組みのことです。
広告配信先のフォーマットに沿って、自動的に変換し提供することで、複数の媒体への広告配信が可能です。また、ユーザーの訪問履歴や検索結果に合わせて配信することもできます。

データフィード広告の特徴

データフィード広告の特徴は以下のような点です。

●ユーザーの興味に合わせた広告の表示が可能
●ユーザーの目に触れる機会の増加
●ユーザーのターゲティングが可能
●フォーマットの変換のみで複数の広告配信媒体への出稿が可能
●変換作業時間が減るため、担当者の業務効率化につながる

大きく分けると、
「ユーザーごとに表示する広告を変更できる」
「担当者が本来割くべきマーケティング活動の時間が得られる」
といった特徴があります。

データフィード広告の種類

データフィード広告には、「ディスプレイ型データフィード広告」と「検索連動型データフィード広告」の2種類があります。

●ディスプレイ型データフィード広告
サイト内に表示される、レコメンド要素のあるものです。
サイトに訪問したことがあるユーザーに対して、ユーザーに合わせてレコメンドした広告を表示します。

●検索連動型データフィード広告
検索エンジンで検索されたキーワードに対して、データフィード内の情報が表示されるものです。
検索結果画面に商品やサービスの画像が表示されることで、ユーザーの視認が高くなることが特徴です。また、情報更新もリアルタイムで行うことができます。

データフィード広告運用支援会社

データフィード広告の運用を支援している会社をいくつか紹介します。

Criteo(クリテオ)

フランスの企業であるCriteo(クリテオ)は、動的リターゲティング広告サービスです。唯一Yahoo!に配信できるという点が大きな特徴です。ユーザーのWeb閲覧履歴にあわせて、そのユーザー向けの広告バナーの配信が可能です。個々の商品詳細ページへの誘導が出来るため、より高い効果が見込めます。

Google商品リスト広告(PLA)

Googleの検索結果画面に商品名や価格、画像といった情報を表示できる広告サービスです。
価格やブランドの情報も確認できるため、購入率アップに繋がります。また、キーワードを検索している購入意欲が高いユーザーへのアプローチが可能です。

コマースリンク

1,000サイトのフィード対応、50媒体以上の連携実績から培ったノウハウを駆使して、最適なデータフィードソリューションの提供。様々な業界のフィードに対応していることも特徴のひとつです。

データフィード広告の出稿を検討している際に読みたい資料

【11カ国に対応】スマートフォンネイティブアドネットワーク「Hike」のご紹介
(株式会社フリークアウト)

アジア最大級のインフィード型アドネットワークをご紹介しています。アジアでポピュラーなスマートフォン向けのサイトやアプリのニュースフィード上に、記事と同じ形式で広告を表示。海外を狙われている方におすすめです。
・資料ダウンロードはこちら

【データフィード】ユーザー個人の趣味・嗜好に合わせた広告を配信したい方への資料
(株式会社TAM)

費用と工数を考えるとデータフィード導入に踏み切れないという方に向けて、ノーリスクで効果の高いデータフィード広告を出稿できる「データフィード作成プラン」をご紹介しています。
・資料ダウンロードはこちら

国内最大級シェア!広告主の投資効果を最大化する先鋭的なDSPツール「BLADE」
(株式会社マイクロアド)

国内最大規模の売上シェアを誇る日本製DSP「MicroAd BLADE」を4つのメリットと共にご紹介しています。
・資料ダウンロードはこちら

【WEB担必見の活用術】Facebookとデータフィード広告で効果をあげる活用手順
(株式会社キーワードマーケティング)

運用型広告の中で注目を集めているデータフィード広告とFacebook広告の特徴と活用方法をまとめ、その効果を高めるための運用ポイントを徹底解説しています。
・資料ダウンロードはこちら

データフィード広告
の比較表・資料請求

データフィード広告を支援する会社やサービス選定をご検討中の方は、比較一覧表をご覧ください。データフィード広告の強化を支援する企業やサービス2点の特長比較や提供会社へのお問合せ、サービス詳細資料を無料で入手できます。

サービス比較表はこちら

掲載中のサービス2

お問合せ・資料請求ができます!

  • データフィード最適化「DFO」

    商品データ収集から広告媒体とのデータ連携まで全てを自動化!

    高機能なクローリングによりデータの準備が不要。
    GoogleAdWords、Facebook広告、Criteo、Indeedなど様々なフィードに対応したデータフィードソリューション

    (コマースリンク株式会社)

  • DFOマネージャー

    Instagram ショッピング機能のカタログデータ作成ツール

    Instagramのショッピング機能(ShopNow)の利用が簡単に!商品のタグ付けを簡単に実現できるカタログフィード作成ツール。

    (コマースリンク株式会社)

データフィード広告サービス比較表

データフィード広告サービス2件の比較表がご覧になれます。

各サービスの特長比較や提供会社へのお問合せ、サービス詳細資料を無料で入手できます。