マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数4201ファイル
  • 掲載企業数 1180
  • 今週の公開資料数24ファイル

マーケティング TOP > 中国越境EC市場の魅力と攻め方~爆買いを誘発するソーシャルバイヤー~

メーカー・通販・サービス業のマーケター必見!

中国越境EC市場の魅力と攻め方~爆買いを誘発するソーシャルバイヤー~
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

爆買い誘発の鍵は「ソーシャルバイヤー」が握っている⁉

すでにGDPにおいては世界第二位にまで成長してきた中国。その経済成長を受け、2014年頃から始まった訪日観光客の増加、日本商品の「爆買い」などはメディアで大きく報道され、記憶に新しいと思います。現在でも訪日観光客の1/4が中国の消費者であり、あらゆる市場で大きなインパクトを与え、極めて高い消費力、かつ日本商品を好む国民性に日本企業も注目し、事業展開を図っています。

このように国内・海外消費が盛んな中国市場の中で、最も急成長しているのがEC市場です。世界的にみても成長率・規模全てにおいて抜きんでた市場であり、2019年までに200%以上の成長が見込まれ、目が離せません。
多くの日本企業はそこに注目し、事業展開を図りますが、「中国市場に進出して失敗した…」という話は結構多く、またなぜそのような課題がでてくるのでしょうか。

解決の糸口として、中国進出において重要な2点「ブランド認知の拡大」「販路開拓」があります。そこでキーマンとなるのが爆買いの火付け役となった「ソーシャルバイヤー」。中国EC市場でファン層を劇的に増やす鍵となります。

本資料ではこの「ソーシャルバイヤー」に焦点をあて、企業がいかに「爆買い」を誘発させるかを紹介します。

中国向けマーケティングの教科書とも言える内容となっておりますので、これから中国に向けたマーケティングを展開したいと考える企業のマーケティング担当者様は必見です!

詳細を知りたい方は資料をダウンロードしてご覧ください!

【当資料でご覧いただける内容】

1章 中国越境EC市場の魅力

  • 1.1 成長を続ける中国市場
  • 1.2 海外需要を狙うなら、まずは中国から
  • 1.3 越境ECに参入すべき理由 〜消費意欲旺盛な14億人市場〜

2章 中国越境EC市場の攻め方

  • 2.1 中国人が日本の商品を購入する方法
  • 2.2 中国人が越境ECで日本の商品を購入する理由
  • 2.3 中国越境ECの特徴
  • 2.4 注目を集める中国の「CtoC型」越境EC
  • 2.5 越境ECでの購入は大手モールが主役
  • 2.6 中国消費者の購入を促すのは知名度
  • 2.7 越境EC失敗事例成功事例
    • ・失敗事例紹介 – A社様
    • ・成功事例紹介① – 株式会社トレイン様
    • ・成功事例紹介② – 株式会社三越伊勢丹ホールディングス様

3章 越境EC Xの紹介

  • 3.1 認知拡大の為のSNSデータに基づくプロモーション
  • 3.2 ソーシャルバイヤーネットワークを活用
  • 3.3 日中間のソーシャルバイヤーネットワーク活用する「越境EC X(クロス)」

詳細を知りたい方は資料をダウンロードしてご覧ください!

<資料提供企業>

社名
株式会社トレンドExpress
住所
東京都千代田区富士見一丁目3番11号 富士見デュープレックスビズ 5階
事業内容
世界各国のソーシャル・ビッグデータを使ったマーケット調査
インバウンド消費に関する需要予測/分析/レポーティング
中国トレンドExpressの編集・発行
越境EC支援事業(販売、CS対応、物流、プロモーション)
ソーシャル・ビッグデータ分析を基にしたプロモーション提案や支援